キズやヘコミは買取査定に響く?
車を買取査定に出す場合に、ボディにキズやヘコミがあった場合はどのように考えればよいのでしょうか。

一番気になるのは買取査定で大幅な減額になるのかどうかですよね。

それだけは絶対避けたいことなので、キズやヘコミの度合いによって対処法をご紹介します。

車のキズやヘコミ、査定員はどこまで見ている?

車の買取査定員がキズやヘコミについてチェックする箇所は以下の項目です。

  • ボディのキズやヘコミ
  • ボディカラーの状態
  • ランプ・ライトの傷
  • ウインドウの傷
  • ボンネット・エアロパーツのキズやヘコミ
  • ホイールの傷
  • 鍵穴周辺の傷

変に隠すと信用を失いかねないので、ある程度の大きさのキズやヘコミは査定前に申告するほうが印象は良くなります。

ボディに大きなキズやヘコミがある場合

自分では修理できないキズやヘコミがある場合は修理をせず査定に出すのが一番いいと言われています。

理由としては3つあります。

修理に出している間にも相場は変化する

車の相場は刻一刻と変動しているイメージはないかもしれませんが、実際には毎日のように相場が変わります

車の買取査定に出したことがある人ならわかると思いますが、すぐに車を手放す方が買取業者が喜びますよね。

これは早く買取して、中古車オークションに出す方が、相場が読みやすく希望額で販売できるからです。

逆に手放す時期を1ヶ月先とかにしてしまうと相場が読みにくいので、買取業者のリスクを減らすため、査定額自体が低くなる傾向にあります。

修理による査定額の上乗せ金額より修理代金の方が高くなる

キズやヘコミがないほうが査定価格が高くなるのは当然です。

しかし、キズやヘコミが無い場合の査定価格と、キズやヘコミがあった場合の査定価格の差が、修理代金より高くなることはほとんどありません。

キズやヘコミを修理した場合

買取業者は自社で安く修理できる

上記の理由とも関係ありますが、買取業者がキズやヘコミのある車を引き取った場合、再販売するために整備や修理をします。

そのため買取業者は自社で整備工場を持っているか、提携している整備工場をもっているのがほとんどです。

したがって、修理費用も一般的な価格よりも安く行うことができるので、キズやヘコミの査定時に修理代をマイナス査定するとしても、一般的な修理費用よりはマイナス額が小さくなるということです。

ボディに小さなキズがある場合

小さなキズの場合、目立たなくすることができるのならやった方がいいでしょう。

しかし、修理の経験が全くない場合は、逆に修理跡が目立つようになってしまう可能性が高いのでやめておいた方がいいです。

キズを目立たなくした経験がある、自信がある場合のみ修理をするのがいいでしょう。

色を乗せてキズを目立たなくする

小さなキズにボディカラーと同じ色のペイントを施して傷を目立たなくする方法があります。

スプレーペイントタッチペイントスマートペンなどの修理用品がカー用品店やホームセンターなどで手に入れることができます。

車のボディカラーの確認方法は、エンジンルーム、または運転席側のドア付近にある「方式表示プレート」に記載されています。

数字とアルファベットで表示されるカラーネームが書かれていますので、それをメモして同じ色の修理用品を購入してください。

磨いてキズを目立たなくする

小さなキズを目立たなくする方法にコンパウンドで磨くという方法があります。

コンパウンドは粗さがいろいろ種類があるので、傷の深さや大きさによって使い分けが必要です。

間違えると返ってキズを大きく目立たせてしまうこともあるので、慎重に行ってください。

基本的には修理せずに正直に査定に出すのが〇

車のキズやヘコミは無い方が査定価格は高くなりますが、キズやヘコミがあっても修理代金より査定価格が下がることはほとんどありません。

したがって、小さな細かいキズで自分で修理できる自信があれば直す程度にとどめておき、大きなキズやヘコミはそのまま査定に出すのがよいでしょう。

ただし、買取業者によってキズやヘコミの査定額の扱いには差異があるので、一括査定サービスなどを利用して、複数社の査定を取った方がより高価買取につながりやすくなります

車を高く売るなら無料一括査定が便利

  1. ズバット車買取比較で初めての車買取

    ズバット車買取比較

    簡単申込 4.5
    参加企業数 4.5
    査定評判 5.0

    査定見積りの提携企業数は約150社と多いです。その中の最大10社まで一括査定ができます。オンラインの一括査定サービスの大手が運営しているので安心です。私もフィットを査定した時、買取業者間で168,000円の差がありました。

    ズバット車買取比較で愛車の一括査定をしてみる


  2. カーセンサーで初めての車買取

    カーセンサー.net簡単ネット査定

    簡単申込 4.0
    参加企業数 5.0
    査定評判 4.5

    誰もが知っている雑誌「カーセンサー」の一括車査定サイトです。リクルートが運営していて、提携企業が530社以上あるので、田舎でも地域カバー率は抜群!

    カーセンサー.netで愛車の一括査定をしてみる


  3. かんたん車査定ガイドで初めての車買取

    かんたん車査定ガイド

    簡単申込 5.0
    参加企業数 3.0
    査定評判 3.5

    提携企業数は少ないものの、JADRI(日本自動車流通研究会)に加盟している優良な企業ばかり。厳選された買取業者のみとしか提携していないので、初めての買取査定でも安心です。また、わずか32秒で概算見積りが表示されるのもスピーディで人気です。

    かんたん車査定ガイドで愛車の一括査定をしてみる