買取後の自賠責保険と自動車保険
車を手放した後の保険ってどうなるのか気になりますよね。

支払いが義務となっている自賠責保険は買取すると返ってくるのかどうか、また、任意の自動車保険はどうすればいいのか。

今回はその辺を解説していきます。

自賠責保険と自動車保険(任意)で異なる対処法

車を買取して手放した後、自賠責保険と自動車任意保険ではそれぞれ対処方法が異なります。

買取後の自賠責保険の場合

自賠責保険は強制加入で車1台1台に義務付けされています。

新車登録時に3年分、車検時に2年分の保険料を支払っています。

ということは、車検の1年前に売った場合は、残り1年分の保険料が返ってくると思いがちですが、実際には返ってきません

これは自賠責保険が車1台ごとに紐付けされる保険であり、誰が保険料を払っているかというのは関係ないというシステムだからです。

つまり、車の買取によって名義が変更されても、だれが保険を払っているのかは問題ではないため、とくに手続きはされないわけです。

ただし、車を廃車にする場合は保険が必要なくなるので、廃車の場合のみ還付を受けられます

その場合は保険会社に手続きが必要となるので、忘れないようにしましょう。

買取後の自動車保険(任意)の場合

強制加入の自賠責保険に入っているとは言え、自損事故や物損事故を補償してくれる任意の自動車保険に入っている人も多いと思います。

こちらは自賠責保険と違って、「車」ではなく「人」と契約をしているので、車を買取して手放したり、車種を変えたりした場合は個々に手続きが必要です。

次の車をすぐ購入する場合

車を手放しても次に乗る車をすぐに購入する場合は、契約は解除せずに契約対象車両の変更手続きをして継続するのが一般的です。

契約を解除してしまうと、これまで積み上げてきた等級がリセットされるので、お得な割引などがなくなるので、無事故が続いているなど等級が上がっているのならそのまま継続するのがいいでしょう。

しばらく車を持たない場合

車を買取に出して、もう車に乗らないという場合は、念のため解約はせずに一時休止の手続きを取ることをおすすめします。

一時休止をすると、車に乗らない間の保険料の支払いをストップできます(もちろんその期間に車で事故を起こすと保険は適用されないので注意)。

一時休止をすると保険会社に中断証明書を発行してもらえます。

この中断証明書の中断日から10年以内に、また車を購入して保険を再開させれば、中断前の等級を引き継ぐことができます

この先車に乗る予定がなくても、念のため中断証明書を取っておくといいかもしれません。

一時休止の条件は各保険会社によって異なりますので、詳しくは保険の担当者にご相談ください。

自賠責保険は返金無しだが査定価格に含まれる?

結局自賠責保険は買取をした場合に「払い損」になるのではないかと思われますが、実際には買取の査定価格に残りの自賠責保険料の返金分が含まれているというのが、買取業者の解釈です。

なので、その車を次の誰かに販売する場合は、「自賠責保険未経過相当額」という名目で請求するのが一般的です。

また、買い取った車が輸出されてしまう場合は、日本の自賠責保険抹消登録となるので、残りの保険料は買取業者に還付されます。

車を高く売るなら無料一括査定が便利

  1. ズバット車買取比較で初めての車買取

    ズバット車買取比較

    簡単申込 4.5
    参加企業数 4.5
    査定評判 5.0

    査定見積りの提携企業数は約150社と多いです。その中の最大10社まで一括査定ができます。オンラインの一括査定サービスの大手が運営しているので安心です。私もフィットを査定した時、買取業者間で168,000円の差がありました。

    ズバット車買取比較で愛車の一括査定をしてみる


  2. カーセンサーで初めての車買取

    カーセンサー.net簡単ネット査定

    簡単申込 4.0
    参加企業数 5.0
    査定評判 4.5

    誰もが知っている雑誌「カーセンサー」の一括車査定サイトです。リクルートが運営していて、提携企業が530社以上あるので、田舎でも地域カバー率は抜群!

    カーセンサー.netで愛車の一括査定をしてみる


  3. かんたん車査定ガイドで初めての車買取

    かんたん車査定ガイド

    簡単申込 5.0
    参加企業数 3.0
    査定評判 3.5

    提携企業数は少ないものの、JADRI(日本自動車流通研究会)に加盟している優良な企業ばかり。厳選された買取業者のみとしか提携していないので、初めての買取査定でも安心です。また、わずか32秒で概算見積りが表示されるのもスピーディで人気です。

    かんたん車査定ガイドで愛車の一括査定をしてみる