所有権留保解除

車の名義というのは結構ややこしくて、単純に自分が乗っている車だから自分のものということではありません

登録上の名義が本当の所有者ということになり、とくにローンで購入して支払途中の場合は信販会社が所有権を持っています。

それを知らずに勝手に車を譲ることはトラブルの元なので、名義変更などの知識をしっかり確認しておきましょう。

所有権留保とは

車をローンで購入した場合、その車を自分が自由に使えるので、自分のものだと思いがちですが、実は完全に自分のものになったわけではありません。

車というのは高額商品ですから、ローンを組む場合は担保として購入した車の所有権は信販会社が持ったままとなります。

これを所有権留保と言い、簡単に言えば「所有する権利を保留にしておく」ということです。

当たり前ですが、車は自分のものではないということになるので、勝手に譲ったり売却したりすることはできません

ローン完済したら所有権留保解除を行う

ローンを組んだ車の所有権が自分に戻るのは、ローンを完済した時です。

完済した瞬間に自分のものになるわけではなく、所有権留保解除という手続きが必要になります。

ディーラーで車を購入した場合は、手続きはディーラーが行ってくれるので、こちらは書類をそろえるだけで大丈夫です。

必要になる書類は以下になります。

  • 印鑑証明書
  • 車検証のコピー
  • 自動車税の納税証明書
  • (住所が変わった場合は)住民票

あとはディーラーが手続きをしてくれるのでこちらは手間はありません。

買取する場合も業者の多くは手続きを代行してくれることが多いので、とりあえずは買取業者に聞いてみましょう。

オークションや知人から譲り受ける場合は注意

知人から車を譲り受ける場合や、ネットオークションなどで個人間取引をする場合は、その車の所有者が誰なのかを確認しなければいけません。

もし、ローンが完済されていない車の場合は、使用者が勝手に車を手放すことはできないので注意が必要です。

トラブルを避けるためにも個人間取引をする場合は細心の注意をしておこないましょう。

車を高く売るなら無料一括査定が便利

  1. ズバット車買取比較で初めての車買取

    ズバット車買取比較

    簡単申込 4.5
    参加企業数 4.5
    査定評判 5.0

    査定見積りの提携企業数は約150社と多いです。その中の最大10社まで一括査定ができます。オンラインの一括査定サービスの大手が運営しているので安心です。私もフィットを査定した時、買取業者間で168,000円の差がありました。

    ズバット車買取比較で愛車の一括査定をしてみる


  2. カーセンサーで初めての車買取

    カーセンサー.net簡単ネット査定

    簡単申込 4.0
    参加企業数 5.0
    査定評判 4.5

    誰もが知っている雑誌「カーセンサー」の一括車査定サイトです。リクルートが運営していて、提携企業が530社以上あるので、田舎でも地域カバー率は抜群!

    カーセンサー.netで愛車の一括査定をしてみる


  3. かんたん車査定ガイドで初めての車買取

    かんたん車査定ガイド

    簡単申込 5.0
    参加企業数 3.0
    査定評判 3.5

    提携企業数は少ないものの、JADRI(日本自動車流通研究会)に加盟している優良な企業ばかり。厳選された買取業者のみとしか提携していないので、初めての買取査定でも安心です。また、わずか32秒で概算見積りが表示されるのもスピーディで人気です。

    かんたん車査定ガイドで愛車の一括査定をしてみる