車買取とリサイクル券

車には家電と同じようにリサイクル料というものを支払っています。

これはリサイクル法に基づいた義務であり、車の所有者であれば必ず支払っているものです。

もともとリサイクル料というものは、車を廃車にするときにかかる費用を購入時に前払いしておくというシステムですが、車を買取する時など廃車にしない場合はどうなるのでしょうか。

リサイクル券の基本情報

リサイクル法とリサイクル料

家電などでもリサイクル料が徴収されるように、車にもリサイクル料というものがあります。

これは平成17年に施工された「自動車リサイクル法」により定められたもので、自動車を廃車にする時にかかる費用をあらかじめ購入者が前払いで支払う義務を負うというものです。

車にはエアコンなど解体時に産業廃棄物のように処理にお金がかかる部品がたくさん含まれているので、環境を壊さないように廃車にするためにみんなで廃車時の費用を負担しようという考え方です。

リサイクル料は自動車のメーカーや車種、エアバッグなどの装備によって異なっており、一般的な車両なら8,000円~20,000円くらいになっています。

ちなみに中古車を購入する時にもリサイクル料は必要ですし、平成17年以前に購入した車でも車検時に必ずリサイクル料は支払っているはずです。

リサイクル券は領収書的なもの

リサイクル券というのは、リサイクル料を支払っていますよという証明書のことを言います。

リサイクル券は車検証と一緒に保管していることが多いので、見たことが無いという人は一度車検証が入っている書類束を見てみましょう。

また、リサイクル券は別名「預託証明書」と記載されています。

リサイクル券が無い!どうする?

車の買取査定時にはリサイクル券が必要になりますが、万が一リサイクル券が車検証と一緒に保管されておらず、どこにいったか分からなくなってしまった場合はどうすればいいでしょうか。

基本的にはリサイクル券は再発行はできません。しかし、方法はあります。

自動車リサイクルシステムというサイトがあるので、そこで「自動車リサイクル料金の預託状況」というものをプリントアウトをすることができます。

その「自動車リサイクル料金の預託状況」という書類がリサイクル券の代わりになります。

>>自動車リサイクルシステムのサイトはこちら

車の買取査定時のリサイクル料の扱い

リサイクル料は買取査定額に含まれるのがほとんど

リサイクル料は車を「廃車」にするための費用を支払っているので、「買取」する場合は「廃車」ではないので、リサイクル料は戻ってきます。

ただし、買取時には買取査定額に含まれている場合がほとんどなので、戻ってきたという感覚があまりありません

買取の際は査定金額の内訳を見て、リサイクル料が本当に入っているのかどうか確認してください。

新しい車を購入時にはリサイクル料が必要

車を買取査定に出して手放した後、新しく車を購入する場合は、新車・中古に限らずリサイクル料の支払いが必要になります。

 

リサイクル料というのは、意外に詳しいことを知らない人が多いので、買取時にどういう扱いになっているのかわからない場合があります。

買取査定額にリサイクル料が含まれて戻ってくるというのが基本的な考えなので、それを頭に入れておいて、買取査定時の見積りでしっかり確認しましょう。

車を高く売るなら無料一括査定が便利

  1. ズバット車買取比較で初めての車買取

    ズバット車買取比較

    簡単申込 4.5
    参加企業数 4.5
    査定評判 5.0

    査定見積りの提携企業数は約150社と多いです。その中の最大10社まで一括査定ができます。オンラインの一括査定サービスの大手が運営しているので安心です。私もフィットを査定した時、買取業者間で168,000円の差がありました。

    ズバット車買取比較で愛車の一括査定をしてみる


  2. カーセンサーで初めての車買取

    カーセンサー.net簡単ネット査定

    簡単申込 4.0
    参加企業数 5.0
    査定評判 4.5

    誰もが知っている雑誌「カーセンサー」の一括車査定サイトです。リクルートが運営していて、提携企業が530社以上あるので、田舎でも地域カバー率は抜群!

    カーセンサー.netで愛車の一括査定をしてみる


  3. かんたん車査定ガイドで初めての車買取

    かんたん車査定ガイド

    簡単申込 5.0
    参加企業数 3.0
    査定評判 3.5

    提携企業数は少ないものの、JADRI(日本自動車流通研究会)に加盟している優良な企業ばかり。厳選された買取業者のみとしか提携していないので、初めての買取査定でも安心です。また、わずか32秒で概算見積りが表示されるのもスピーディで人気です。

    かんたん車査定ガイドで愛車の一括査定をしてみる